• SQ-bar
  • SQ-bar
  • SQ-bar
  • SQ-bar
  • 次世代スーパー回路技術で未来を実現
  • Innovation人々と世界に価値あるイノベーション
  • People 顧客、社員、株主へのコミットメント
  • Partner関係するの人々や企業との互助的共存共栄
  • Integrity 品質とサービスへの誠実
  • Profits 顧客、社員、株主へのリターンと社会利益の最大化
  • Productivity 経営リソースを最も効率的に効果的に管理する
  • SQ-bar
  • SQ-bar
  • SQ-bar
  • SQ-bar
  • 次世代スーパー回路技術で未来を実現
  • Innovation 人々と世界に価値あるイノベーション
  • People 顧客、社員、株主へのコミットメント
  • Partner 関係するの人々や企業との互助的共存共栄
  • Integrity 品質とサービスへの誠実
  • Profits 顧客、社員、株主へのリターンと社会利益の最大化
  • Productivity 経営リソースを最も効率的に効果的に管理する

利用規約を公開しました。

利用規約
                                     最終更新日:2019年3月5日
本規約は、シンプレクスクオンタム株式会社(以下「当社」といいます。)が提供する、健康維持及び増進に関するアプリケーション・ソフトウェア「SQ-bar」及び「SQ-bar for Dr.」(以下「本アプリケーション」といいます。)、クラウドサーバーを利用したサービス「SQ-cloud」及びこれに関連又は付随するサービス(以下総称して「本サービス」といいます。)に関し、本サービスを利用するお客様(以下「利用者」といいます。)と当社との間で、本サービスの利用条件等について定めるものです。

第1条(本規約への同意)
 1 本サービスの利用者は、本規約及び当社において本サービスに関して定めるプライバシーポリシー(以下「プライバシーポリシー」といいます。)に同意のうえ、本規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。なお、プライバシーポリシーも本規約の一部を構成するものとします。
 2 利用者が、本規約およびプライバシーポリシーの内容に同意することにより、当社と利用者との間で本規約の内容に従って本サービスの利用に関する契約(以下「利用契約」といいます。)が成立するものとします。なお、利用者が本サービスの利用を開始したときは、本規約に同意したものとみなします。

第2条(利用規約の変更)
 1 当社は、利用者との個別の合意なしに、当社のウェブサイト上に掲示又は当社が適当と判断する方法で利用者等に通知することにより本規約及びプライバシーポリシーを変更することができるものとします。
 2 前項の場合、変更後の利用規約及びプライバシーポリシーの効力は、本規約の定めに従い、又は当社のウェブサイト上に掲示された時点から生じるものとします。また、利用者が本契約の変更後に本サービスを利用した場合、変更後の利用規約及びプライバシーポリシーに同意したものとみなします。

第3条(会員登録、ID等の設定)
 1 本サービスを利用いただくにあたって、利用者は、本条の定める会員登録を行い、IDとパスワードを設定する必要があります。
 2 当社が別段の指定をしない限り、前項の会員登録は、本サービスの利用者が本サービスを利用するために必要な情報の登録をなしたことが当社において確認された時点で、完了したものとします。
 3 利用者は、会員登録にあたって、最新かつ正確な情報を登録する必要があります。利用者は、登録した情報に変更があった場合、直ちに当社所定の方法により変更手続を行うものとし、利用者がその変更手続を行わなかった場合又は正確な情報を登録しなかったこと、会員情報の全部又は一部の紛失その他の理由により、本サービスの全部又は一部の利用ができないなど利用者に損害その他の不利益が生じたとしても、当社はその一切責任を負いません。

第4条(本サービスの提供)
 1 当社は、利用者に対して、本規約、プライバシーポリシーに定められる利用条件に従って本サービスを提供します。なお、当社は、サービスの向上、利用環境の変化その他の当社による本サービスの運営のために必要な場合には、利用者の同意なく、本アプリケーションを含む本サービスの内容の全部又は一部について、変更(停止を含む。)することがあり、このことについて利用者は異議を述べることができません。
 2 利用者が本サービスを利用するにあたって、当社が認める電子機器(以下「指定デバイス」といいます。)で計測したデータを、利用者がダウンロードした本アプリケーションと連携するためには、利用者が、指定デバイスに加え、別途、本アプリケーションに記載する性能を満たすパーソナルコンピュータ又はスマートフォン端末等(インターネット接続機能を有するものに限る。以下「利用端末」といいます。)をご自身の費用と責任において準備しなければなりません。
 3 指定デバイスで計測された利用者自身又は第三者の心電、心拍等の身体若しくは健康に関する情報(以下「バイタルデータ」といいます。)又はこれらを編集、加工したデータについて、利用者は、本アプリケーションと指定デバイスとを連携させることによって、又は、利用者ご自身が入力することによって、利用端末において一定期間、閲覧することができます。
 4 利用者は、バイタルデータを当社が提供するクラウドサーバー上にアップロードすることによって、当該クラウドサーバー上においてバイタルデータを保存、管理することができます。
 5 本サービスの利用料は、利用者一人あたり年額1万2000円とし、利用者は、年額利用料を年1回一括して支払うものとします。支払日につき、初回は利用開始日とし、2回目以降は本サービス利用中における毎年の利用開始日に応当する日とします。なお、本アプリケーションのダウンロードは無料です。
6当社は、将来、本サービス又は本サービスに関連するサービスを増額することがあります。その場合、当社は、60日前に、利用者に対し、その旨及び具体的な利用料金について適宜の方法によりお知らせします。別段の取り扱いがない限り、このお知らせがなされた日の翌日から60日を経過した日から有料サービスに変更されます。

第5条(ご利用上の注意)
 1 本サービスは、健康に役立つサービスを提供すること目標としていますが、指定デバイスを含め本サービスを通して収集し提示されるデータの正確さは、医療機器その他これに類する装置と同等であることを保証するものではなく、また、病気の診断や手当、治療、予防を保証するものでもありません。利用者は、このことを十分認識した上で自己の責任において本サービスを利用してください。
なお、利用者は,本サービスによる情報提供の有無及びその内容にかかわらず、その必要があると判断した場合には、治療方法、薬の内容等について、適切な医療機関への相談等を必ず行ってください。
2 本サービスで提供される情報は、利用者又は利用者が取得した第三者の個別のご体調や健康状況等に基づいてなされていることを保証するものではありません。
3 当社は、本サービスにおいて、第三者のコンテンツ、プロモーション、アプリ、ウェブサイトその他のサービス(以下「第三者サービス」といいます。)の表示または、第三者サービスへのリンク、アクセスを許可する場合があります。これらの第三者サービス当社の管理下にはなく、当社はこれらの第三者のサイトについての責任は負わないものとします。
 4 本サービスは、日本国内における利用を想定しているものです。本サービスを海外からご利用になる場合は、一部機能がご利用になれない場合があります。
5 当社は、指定デバイス以外の外部機器及び利用端末に関する性能、不具合等の一切につき責任を負わず、当該外部機器に係るお問合せ又は苦情につきましても、お受けすることができません。
なお、指定デバイスに関する責任を否定するものではありません。

第6条(本サービスの利用等)
 1 利用者は、利用者自身又は利用者が適法に取得した第三者の健康状態、外部環境その他の条件をご考慮のうえ、自由な選択、判断、意思の下で、本サービスのご利用を開始します。本サービスを利用したため、医師による適切な診療を受けることができなかったなど、利用者が本サービスを利用した目的に沿うものではなかったために利用者が被った損害については、当社は、一切責任を負わないものとします。
 2 利用者は、本サービスの利用、本規約違反、利用者による第三者への権利侵害に起因または関連して生じた第三者からのすべてのクレームや請求について、当社は何ら責任を負わず、利用者の費用と責任で解決するものとします。
 3 前項の第三者からのクレームや請求への対応に関連して、当社に生じた一切の費用(第三者に対する何らかの支払い、事務費用、弁護士費用を含むがこれらに限られない。)は、当該利用者の負担とし、当社は、当該利用者にこれらの合計額の支払いを請求できるものとします。

第7条(本サービスの内容の変更等)
 1 当社は、当社の都合により、本サービスの全部又は一部について、その内容を変更し、提供を開始せず、又は提供を停止若しくは終了することがあります。
2 当社は、前項に基づき当社が行った措置により利用者又は第三者に損害が発生したとしても、本規約に別段の定めのある場合を除き、当社は一切の責任を負わないものとします。
 3 当社は、本サービスを利用するために利用者が準備したインターネット接続環境またはインターネット接続端末に起因して本サービスの提供がなされない場合、これによる責任を負わないものとします。

第8条(ID等の管理)
 1 利用者は、自身のID及びパスワードを、第三者に譲渡、貸与、使用の許諾その他の処分をしてはならず、第三者に開示又は漏洩するなどして第三者がこれを知ることができる状況に置くことのないよう、善良なる管理者の注意をもって厳重に管理しなければなりません。
 2 前項の義務を怠ったことにより、または当社が要請したにもかかわらず利用者がID又はパスワードの変更を行わないことにより、利用者自身又はその他の者が損害を被った場合、当社は一切の責任を負わないものとします。
3 利用者のID又はパスワードを使用した本サービスの利用は、すべて利用者による利用とみなします。ただし、当社の故意又は重大な過失により、利用者のID及びパスワードが第三者に利用された場合は、この限りではありません。
4 利用者が、当社が定める方法により、法人(権利能力なき社団を含みます。)としての会員登録をした場合、本サービスの利用主体は法人とするものであり、法人の役職員個人に帰属するものではないものとし、当社は、特定の自然人ではなく、当該法人を利用者として本規約の適用を含め取り扱うことができるものとします。
5 利用者が、前項に定める法人としての会員登録を怠ったことにより生じた本サービスに係る一切の不利益について、当社は何らの責任も負いません。

第9条(知的財産権その他の権利について)
1 本サービスに関する著作権、知的財産権その他一切の権利は当社に帰属します。
2 利用者が掲載又は登録等した本サービスに係る情報等に肖像権や知的財産権その他の何らかの権利が含まれていた場合でも、利用者は、当社に対し、当該権利について、以下の目的において、当社が無償かつ自由に使用する権利(複製、公衆送信、編集、改変、翻案・翻訳、出版する権利及び当該権利の第三者への再使用許諾又は譲渡する権利を含みますが、これらに限られません。)を付与するものとします(以下「本件付与」といいます。)。なお、利用者による本件付与は取り消すことができないものとし、利用契約が終了した後においても(理由の如何を問いません。以下本項において同じ。)、有効に存続するものとします。また、当該使用について、利用者は当社及び第三者に対して、利用契約の終了の有無を問わず、著作者人格権を一切行使しないものとします。
• 本サービスを提供するにあたって利用者に提供する情報等を作成
• 本サービスに関わる分析、個人を特定できない形に統計的処理を加えた資料の作成、当該資料を用いた研究開発、営業及び当該資料の第三者への提供
• 出版、放送その他の目的での二次利用
• 本サービスの内容を改善するための活用
• その他当社の運営に付随する業務への利用

第10条(当社による利用者の個人情報等の取扱いについて)
 1 当社は、本サービスの提供にあたり取得する利用者及び利用者が適法に取得した第三者等の個人情報を、当社が別に定めるプライバシーポリシーに則り適切に取り扱うものとします。
 2 前項の規定に拘わらず、利用者は、次の各号に定める目的の範囲内で、当社が当該各号に定める者に対し、個人情報及びバイタルデータ又はこれらを編集、加工したデータ並びにバイタルデータを参考とした第三者の意見を提供することに同意します。
• 健康状態の把握その他の労務管理の目的 利用者が属する法人又は個人
• 医師の助言を受ける目的        医師

第11条(利用者の損害賠償)
利用者は、本サービスの利用に関連して、当社に対し、直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を与えた場合、利用者は、当社の請求にしたがって直ちにこれを賠償しなければなりません。

第12条(情報メール配信および配信解除について)
1 当社は利用者に対して、本サービスに関連する情報、当社が新たにリリースする(本サービスとは別の)製品情報、運営上の事務連絡、第三者サービスに関する情報を含む情報を本サービスを通じて又は会員登録された電子メールアドレス宛に配信できるものとします。
2 利用者は、当社が利用者に対し、当社又は当社の提携する第三者サービスに関する広告、宣伝等を含む情報を本サービスを通じて又は会員登録された電子メールアドレス宛てに送信、若しくは本サービス内での広告表示を行うことにつき、あらかじめ同意するものとします。
3 当社が利用者に対して前2項の電子メールを配信することができるのは、利用者が本サービスを利用するにあたって会員登録したメールアドレスのみとします。
4 利用者が当社に対して本条に定める電子メールアドレス宛ての情報配信を希望しない旨を当社所定の方法で連絡した場合、当社は、本サービスの提供に必要な場合を除いて、情報配信を行わないものとします。なお、電子メール以外の本サービスを通じて表示される情報は、この限りではありません。

第13条(禁止事項)
   利用者は、以下に記載する禁止行為をしてはなりません。
• 法律、命令、規則、条例、本規約その他本サービスに関連する当社の利用規約に違反する行為又はそのおそれのある行為
• 公の秩序又は善良の風俗を害する行為又はそのおそれのある行為
• 当社又は第三者の財産、信用、名誉又はプライバシーその他法令上又は契約上の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為
• 営利、非営利を問わず、本サービスを自己の事業又はその準備のために利用する行為。但し、当社が別途認めた利用者についてはこの限りではありません。
• 当社又は第三者になりすます行為又は意図的に虚偽の情報を流布させる行為
• 本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為
• 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
• 利用者の権利及び義務を第三者に譲渡、承継、貸与又は担保の用に供する行為
• 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、当該他人の同意なく、不正に収集、開示又は提供する行為
• 本サービスに係るウェブサイトやアプリケーションを複製、翻案、改変又はリバースエンジニアリングする行為
• 当社のシステムへの不正アクセス、コンピュータウイルスの配布、当社のサーバーやネットワークシステムに支障を与える行為、BOT、チートツール、その他の技術的手段を利用して当社のサービスを不正に操作する行為又は当社のサービスの不具合を意図的に利用する行為
• 当社による本サービスの運営又は他の利用者による本サービスの利用を妨害し、又は支障を与える行為
• 上記①から⑫までのいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為
• その他、当社が不適当と判断した行為

第14条(反社会的勢力の排除)
 1 利用者は、当社に対して、利用者が本規約に同意した時点及び将来にわたって、自己が次の各号に掲げる者(以下本規約において「反社会的勢力」といいます。)に該当しないことを表明し、確約します。
• 暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含みます)又は暴力団の構成員でない者又はくなった日から5年を経過しない者
• 暴力団関係企業
• 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの団体の構成員
• 前各号に準じるもの
 2 利用者は、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為をせず、又は第三者に対して行わせないことを表明し、確約します。
• 暴力的な要求行為
• 正当な権利行使の範囲を超えた不当な要求行為
• 脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為
• 風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為
• 前各号に準じる行為
 3 利用者が前2項に定める表明又は確約に反した場合は、当社は、将来に向かって直ちに利用契約の解除を行うことができます。
 4 当社は、前項に定める解除を行った場合であっても、利用者に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、この場合、利用者は当社に対して損害賠償を請求することができません。

第15条(免責事項及び責任限定)
 1 当社は、本サービスを通じて利用者が閲覧または取得する情報、コンテンツ、アプリケーション等(個別アプリ、指定デバイスを通じて取得するバイタルデータを含みますがそれに限られません)についてその安全性、信頼性、正確性、確実性、特定の目的への適合性、有用性、第三者の権利非侵害性等について、明示、黙示を問わず、いかなる保証もしておらず、また、いかなる責任も負いません。
 2 本サービスは、医療行為、保健指導又はこれに準ずるものではなく、利用者等への健康に関する情報提供を目的としたサービスであり、特定の疾患等の発見、治療、症状の改善、その他の健康改善効果または生活習慣改善効果について、いかなる保証もしておらず、また、いかなる責任も負いません。
 3 当社は本サービスから利用者が期待する結果を得られることにつき保証するものではありません。利用者は、本サービスにより得た情報を利用者ご自身の判断と責任においてご利用下さい。
 4 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとし、当社には一切迷惑をかけないものとします。
 5 当社は、本サービスに起因して利用者又は第三者に生じたあらゆる損害(直接的又は間接的に発生する一切の損害(疫病の発症、悪化及びそれに伴う事故、怪我並びにハードウェア、ソフトウェア等の破損、不具合を含みます。また、通常損害、特別損害を問いません。))について一切の責任を負いません。ただし、利用契約が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、本条の免責規定は、同法に違反しない限度で適用されるものとします。
6 当社の製造にかからないハードウェア、ソフトウェア(OS、ミドルウェア、DBMS)及びデータベース並びに当社以外の第三者が提供するサービスに起因して発生した損害について、当社は一切責任を負わないものとします。
 7 当社は、別途法律上必要がある場合を除き、本サービスにおいて当社が入手する利用者等の情報及びデータの保存義務を負わないものとし、原因の如何を問わず、本サービスにおいて利用者が登録した情報又はデータが消失又は破損したことによって利用者に生じた損害につき、賠償責任を一切負わないものとします。利用者等は、必要に応じて、自らの責任で自ら閲覧又は管理する情報のバックアップを取るものとします。
8 本サービスにおける情報更新の速度については、一定の速度を保証するものではありません。当社は、回線の混雑等を理由として情報更新が遅延することに関する損害について一切責任を負いません。
9 いかなる場合でも、本規約又は本サービスの利用又は利用できないこと(情報の消失を含みます。)により利用者に何らかの損害が発生し、これにより、当社に法的な責任が発生する場合でも、当社が利用者に対して負担しなければならない責任限度額は、利用者が本サービスの全部又は一部のうち有料サービス部分(第三者サービスは含まれません。)の利用のために当社に支払った金額を上限とします。

第16条(利用者の利用の停止等)
 1 当社は、利用者が以下のいずれかに該当する場合、利用者に対して事前に予告することなく、また、利用者の承諾を得ることなく、利用者による本サービスの全部又は一部の利用を停止し、利用者との間の利用契約を将来に向かって解除し、利用情報を削除し、または、当社が必要かつ適切と判断する措置を講ずることができるものとします。なお、当社は、利用者による違反を防止又は是正する義務を負わないものとします。
• 利用者が実在しないことが判明した場合
• 利用者が死亡した場合
• 本規約のいずれかの条項に違反した場合
• 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
• 複数のアカウントを故意に作成した場合、またその疑いがある場合
• ID又はパスワードを不正に取得又は使用した場合
• 本サービスの利用が3年以上ない場合
• 本サービスによって提供された情報を不正に使用した場合
• 第13条又は第14条に定める禁止行為を行った場合
• 本サービスに関連して当社に損害を与えた場合
• 前条1項に定める状況が生じた後3か月が経過しても当該状況が解消されない場合
• その他、当社が利用者による本サービスの利用又は本契約の継続を適当でないと判断した場合
 2 当社は、前項に定める措置をとった場合であっても、利用者その他の第三者に対し、当該理由を開示する義務を負わないものとします。
 3 当社は、第1項の措置をとった場合であっても、すでに支払われた本サービスの年額利用料は違約金として返還しないものとし、また、利用者に対する損害賠償請求権を失わないものとします。なお、第1項の措置をとったことにより利用者に損害が発生したとしても、当社は一切の責任を負わないものとします。

第17条(利用者の退会)
1 利用者は、理由の如何を問わず、本サービスの利用を終了することができます。この場合、利用者は別途当社が定める手続に従い、当該年の利用開始日に応当する日(利用終了の申入れ時点においてすでに当該応当日を過ぎている場合は翌年の利用開始日に応当する日)の前日をもって、本サービスを退会し利用者としての資格を喪失するものとします(利用者が当社にすでにお支払いいただいた本サービスの当該年の年額利用料は返還されませんので、ご注意ください)。
なお、本サービスの提供終了時には、すべての利用者は、自動的に退会となり、利用者としての資格を喪失するものとします。
2 利用者が退会した後、又は当社が本サービスの提供を終了した後は、当社は、本設備に保管されている当該利用者の保存情報を抹消することができるものとします。なお、当社は、利用者からの掲載情報等(複製を含みます。)の返却ないし提供の要求には一切応じないものとします。

第18条(通知)
 1 当社から利用者への通知は、本規約に別段の定め又は法令等の規制がない限り、通知内容を本サービスを通じての配信、電子メール、書面又は当社ウェブサイトに掲載するなど、当社が適当と判断する方法により行います。
 2 前項の通知は、本規約に別段の定めのない限り、本サービスを通じて利用者の利用端末に配信された時、電子メールの場合は利用者のメールサーバー上のメールボックスに記録された時、書面の場合は利用者に到達した時、ホームページへの掲載の場合は掲載された時からその効力を生じます。

第19条(協議事項)
   本規約に定めのない事項及び本規約の各条項の解釈に疑義を生じた場合には、利用者と当社で誠意をもって協議するものとします。

第20条(準拠法及び合意管轄)
1 本規約等の成立、効力、履行及び解釈に関する準拠法は、日本法とします。
2 本規約又は本サービスに関し、利用者と当社との間で、訴訟等の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

第21条(一部無効の本規約の効力)
 本規約の一部の条項が裁判所により無効とされた場合は、当該条項のみが無効とされるものであり、それ以外の条項については有効として適用されるものであり、契約全体の効力には影響しないものとします。
                                                     以 上

SQ-bar製品詳細に戻る