History沿革

平成26年10月
ソニックス株式会社 設立
平成27年 4月
東北大学と高精度半導体デバイスを共同研究開発
平成27年11月
SIMPLEX QUANTUM株式会社に社名変更
平成28年 2月
バイポーラICで0.65Vの動作、世界初の開発
平成28年 3月
新しいアナログ回路技術によるローノイズアンプを開発
第一種医療機器製造販売業の許可、医療機器製造業の登録
平成28年 8月
HRV周波数域パラメーター計算を開発
心電波形からの個人認証並びに心臓疾患予兆検出アルゴリズムを開発
平成28年 7月
港区高輪へ本店移転
平成29年 9月
東京大学と心臓疾患者の心電情報の数値化と予後との関係の解析を共同研究開発
平成29年11月
深津博特任教授(愛知医科大学)と弊社の共著論文「アナログ回路におけるノイズキャンセル技術を用いた心電図・血圧測定が可能な腕時計型 ウエアラブルデバイスの開発と評価」を発表
平成30年 3月
心電認証機能と指紋認証機能を組み合わせた生体ハイブリッド認証デバイス「SQ-keyハイブリッド」を発表
平成30年4月
胎動データによる睡眠状況と睡眠品質の推定、心電データによる長期バイオリズムと健康状態変動の解析と予測、心電データの短期解析による心疾患の検出を研究開発
山口県立大学とポジショニングケアアルゴリズム共同開発
自律神経バランスを可視化した新しいヘルスケアソリューション「SQ-bar」を発表
平成30年 6月
介護施設におけるベッドの見守りとポジショニング支援を行うことが可能な「SQ-bed」を発表
令和元年6月
田中マキ子教授(山口県立大学)と弊社の共著論文「危険予知や危険行動の抑制に効果する見守りセンサSQ-bedの使用感評価」を発表

ページトップへ戻る