バイポーラICで0.65Vの動作、世界初の開発

2016年2月22日

シンプレクスクオンタム株式会社[SIMPLEX QUANTUM株式会社]、本社:東京都港区 代表取締役社長:遠藤 寿)は、新しいアナログ回路技術(*特許取得済)により、0.65Vで動作するバイポーラIC、[SX-001、試作品]の開発をしました。

このICは1.0Vを下回る電圧で動作が可能で、更に低電圧動作の開発を目標としています。

ページトップへ戻る