新しいアナログ回路技術によるローノイズアンプを開発しました

2016年3月23日

シンプレクスクオンタム株式会社[SIMPLEX QUANTUM 株式会社]、本社:東京都港区 代表取締役社長:遠藤 寿)は、新しいアナログ回路技術(*特許申請中)により、ローノイズアンプ(試作)を開発しました。

 

このアンプはローノイズでの増幅が可能で、今後のIoTには欠かせない、無線機器の受信部、センサー部の増幅器として使用可能です。また、微小電圧の増幅も可能となります。

 

■0.13nV/√HZの入力換算ノイズ(単位:nV/√HZ)
・オシロスコープ入力にはfc=10KHzのLPFを接続
・アンプのゲインはいずれも1000倍
・アンプの入力はいずれも短絡して測定

ページトップへ戻る