心房細動ソリューション

心房細動の検知

「心房細動」とは、心臓の部屋の一つである心房内で電気信号の乱れによって痙攣が起きる「不整脈」の一種で、心房が細かく震え、血液をうまく循環させられなくなる病気です。その中でもいちばんリスクとされるのが、痙攣によって「血液の固まり(血栓)」ができ、それが全身に運ばれ、血管を詰まらせてしまう可能性があることです。

心房細動を検知することの意義

動悸などの自覚症状を感じ、循環器内科を受診してもその場の心電検査で不整脈が出ないと「心房細動」の診断は難しいです。その場合次の手段として、ホルター心電計を24時間身に着けることで不整脈波形を捉えることを行います。24時間心電計を装着してもその間に不整脈を検知できないケースも多く、もっと簡単で手軽に心電計測できるデバイスが求められていました。動悸等の自覚症状を感じたときに、すぐに計測できる心電計を開発したい。その心電波形から「心房細動」を診断することができ、不安な人を少しでもなくしたいという思いがあります。

今後求められること

手軽であっても、計測した心電図をもとに医師による心房細動の診断ができる「医療機器」であることが必要です。開発中のデバイスも「心電StiQ」で取得した認証と同レベルの認証を取得することで、安心して使ってもらえるデバイスになることが最低条件だと考えています。

ページトップへ戻る